Samsungはこれまでにフラッグシップモデルとなる「Galaxy S」シリーズを1月~3月頃までに発売し、派生モデルとして「Galaxy S◯ Active」と名付けたモデルを4月~6月頃に発売する傾向にあった。

実際に「Galaxy S7 Active」や「Galaxy S6 Active」は、それぞれ2015年と2016年の6月に発売されている。

以前に現在の最新モデルとなる「Galaxy S9」シリーズにもActiveモデルが用意される可能性があると言われていたが、今は既に8月中旬だ。

これまでに「Galaxy S9 Active」と思われるデバイスのテストやベンチマークのチークが行われていないことや、既に新フラッグシップモデル「Galaxy Note9」が公式に発表されていることから、残念ながら「Galaxy S9 Active」は発売されない可能性が高くなってきた

「Galaxy S9 Active」は噂のみで実際には発売されずか

GalaxyのActiveシリーズは海外などでは一定の人気があり、Activeモデルを待っているユーザーはいるようだが、実際のところ「Galaxy S9 Active」が発売されたとして魅力はあるだろうか。

通常ActiveシリーズはGalaxy S◯とS◯+の2つの内、小さいモデルをベースに作られることが多い。

そうなった場合、「Galaxy S9 Active」にはメモリが4GB搭載され、リアカメラはシングル構成になる。

また、以前に出ていた「Galaxy S9 Active」のバッテリーには4000mAhの大容量構成になると言われていたが、「Galaxy S9」に搭載されているバッテリー容量は3000mAhだ。

物理的に4000mAhのバッテリーを搭載することは難しいかもしれない。

SamsungのActiveシリーズは外装、デザインが軍事級の頑丈さを持っていることが最大の特徴だが、裏を返せば他に差別化できる部分が少ない。

仮に「Galaxy S9 Active」に4000mAhのバッテリーを搭載することが可能だったとしても、バッテリー容量を売りにしている「Galaxy Note9」と被る戦略をSamsungが取るとは思えない

その事からも「Galaxy S9 Active」が発売されない可能性が高いというのが最近の認識だ。

また、最も「Galaxy S9 Active」が存在しないと言われる最大の理由は、これまでに噂やリークが全く出てこないということだ。

以前に「Galaxy S9 Active」のスペック構成はこんな感じになるのではないか。という噂が出て以降、目立った情報が出てきていない。

今後Samsungは2019年のMWC2019で発表すると言われている「Galaxy S10」や業界初?の折りたたみ式スマホを発表すると言われていることから、それらに注目を集めるための戦略を行っていくはずだ。

態々注目を分散させる可能性はないだろう。

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする