Samsungの「Galaxy Note7」はSamsungの大きな汚点なだけでなく、スマホ史で最も酷い事件の1つだが、その原因はバッテリーによるものだ。

多くのユーザーから高評価を得て、シェアを集めた「Galaxy S7」の正当進化モデルとして、「Galaxy Note7」はSamsungのベストセラーの1つになると言われていたが、バッテリーの欠陥によって全世界で製造が中止された。

この一連の事件でSamsungのGalaxy Noteシリーズの存続を危ぶむ声も多かったが、Samsungはこの心配を「Galaxy Note8」で払拭した。

Samsungは「Galaxy Note7」の製造を中止した後に、爆発事故の原因がバッテリーであることや発生の直接的な原因を特定した。

以来Samsungは同じような事故が二度と起きないように、追加の安全対策を採用しており、先日発表した「Galaxy Note9」もNote8のように安全な製品であることを多くのユーザーに知ってもらいたいようだ。

「Galaxy Note9」のバッテリーはNote7のように危険ではなく安全?

Samsungが何と弁明したとしても「Galaxy Note7」で起きてしまった事故をなかったことにはできない。

当然新しい「Galaxy Note9」の大容量バッテリーの安全性について懸念を示しているユーザーは多いはずだ。

「Galaxy Note9」のバッテリーはこれまでのどのスマホと比べてもトップクラスに大きな容量を搭載しており、その容量は4000mAhだ。

この大容量バッテリーは「Galaxy Note9」の最も特徴的なセールスポイントの1つだ。

Samsungのモバイル部門のCEO、Dj Koh氏は、「Galaxy Note9」の4000mAhの大容量バッテリーの安全性に自信を持っていると伝えた。

また、「Galaxy Note9のバッテリーはこれまで以上に安全で、ユーザーはバッテリーについてもう心配する必要はありません。」と付け加えた。

Samsungは昨年、同社の製品が厳しい品質基準を満たしていることを確認することに専念した新しい品質管理のチームを結成した。

また、生産サイクルの点においても変更が加えられているという。

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする