2018年に最も売れたソフトの1つである現在コンシューマー向けにリリースされている「モンスターハンターワールド(MHW)」は、今秋PC版でのリリースも期待されている。

日本での発売は現在のところ未定と言われているが、海外では既にSteamでのリリースが決まっている。

日本でもMHWがリリースされるのであれば、海外同様Steam経由でプレイすることになりそうだ。

最近異なるプラットフォーム間(例えばPS4とPC)での同時プレイが行えるようになってきたゲームが少しずつ出てきて入るが、少なくとも現段階で公式が明らかにしている内容によると、クロスプレイはサポートしないと伝えている。

これは完全にソフトメーカーだけの問題ではない為、難しいだろう。

さて、そんな大人気作モンスターハンターワールドのPC版をプレイするにはどのくらいスペック要件を満たしている必要があるのか気になるところだが、Twitterのあるユーザーによってリークされた。

Twitterの@Yangvaseがリークした情報によると、モンスターハンターワールドのPC版に必要なスペックは以下の通りだ。

モンハンワールド(MHW)のPC版に必要な最小スペック

  • CPU:Intel i5-4460 CPU @ 3.20GHz
  • メモリ:8GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce GTX 760 GPU
  • 空き容量:25GB
  • OS:Windows 7,8、8.1,10 OS
  • 追記事項: グラフィック「低」設定で、1080p/30fpsのゲームプレイが可能。

モンハンワールド(MHW)のPC版を快適にプレイする為の推奨スペック

  • CPU:Intel i7-3770 CPU @ 3.40GHZ
  • メモリ:8GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce GTX 1060
  • 空き容量:25GB
  • OS:Windows 7,8、8.1,10 OS
  • 追記事項: グラフィック設定「高」で、1080p/30fpsのゲームプレイが可能。

同氏はPCのスペックの詳細については明らかにしたが、リリース日についてはまだわからないと伝えた。

モンスターハンターワールドのPC版のスペック要件は基本的に他のゲームと同程度と考えていいのではないだろうか。

最近のPCゲームはPUBGもそうだがメモリが思った以上に重要になっている。

グラボが推奨スペックを満たしているのであれば、それ以上はメモリを8GB→16GBへとアップグレードさせるほうが、明らかに変わる場合もある。

ゲームにおいてはグラボも重要だがメモリも重要。この点を意識しながらゲーミングPCを組むとよりよりプレイ環境を整えることができるだろう。

雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かえ。

プレイヤーはハンターとなって、さまざまな環境に生息するモンスターを狩猟する、
クエストを受注します。

モンスターを狩猟して手に入る素材を用いて、より強い武器や防具を作り、
さらに強力なモンスターに挑むのです。

シリーズ最新作となる『モンスターハンター:ワールド』では、
新たに構築された多種多様な地形や生態系が息づく世界で、究極の狩猟生活が体験できます。

最新PCゲームを快適に楽しむためのゲーミングPCオススメはこちら!

 

@Sycom(サイコム)オンライン

  • プロゲーミングチームやストリーマーとの繋がりが深くコラボモデルが豊富
  • ゲーマー向けモデルや2PC配信等、配信者向けに最適にカスタムされたモデル
  • @サイコム独自の冷却システムを採用した高性能モデル
  • ユーザーの用途に合わせてカスタムできる柔軟性のあるラインナップ


人気のインテル第7 世代CPU搭載ゲームPC

TSUKUMO(ツクモ)ネットショップ

  • ゲームPCアワード2017 デスクトップPC部門 6年連続最優秀賞受賞
  • コストパフォーマンスに優れた豊富なラインナップ
  • 旧モデルや型落ちモデルセールは大幅値下げでお買い得


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする