Appleが2018年にリリースすると言われているiPhoneのラインナップは5.8インチのOLEDスクリーンを搭載したiPhone X、次にiPhone Xよりもより大きなディスプレイの6.5インチのOLEDを搭載したiPhone X Plus、そして6.1インチのLCDを搭載したiPhoneの3種類がある。

Digitimesが伝えた新しい報告によると、AppleのiPhone X PlusとLCDパネルのiPhoneの2つのモデルはLG Displayが製造したスクリーンを使用し、Appleは今後のiPhoneにもLG製のディスプレイを使用を増やしていくという。

5.8インチの通常のiPhone XにはSamsungのOLEDディスプレイが使われるようだ。

これまでAppleのディスプレイにはSamsungのディスプレイが使われることが多かったが、Appleはこの方針からLGのディスプレイを使用する方針へと切り替えるようだ。

この報告が本当であれば、SamsungはAppleとの大きな契約を失うことになる。

また同じレポートによるとLGは2018年に最大で400万個のOLEDパネルを出荷する予定だという。

このOLEDは恐らくiPhone X Plusで使用されるものだと見て良いのではないだろうか。

更にLGは6.1インチのLCD iPhoneのためにもLCDパネルを製造する予定で、これは2000万個もの数を製造する予定があるという。

LGは生産能力を徐々に向上させ、2019年にはOLEDパネルの生産を1000万個まで引き上げるという。

[Digitimes]

Wonder-Xの最新情報をチェックする