Appleは今年3つの新しいiPhoneをリリースすると言われており、ディスプレイのサイズ順に並べてみると、5.8インチのOLED(有機EL)ディスプレイを搭載するモデル、6.1インチのLCDディスプレイ、そしてトップモデルとなる6.5インチのOLEDディスプレイを搭載したiPhoneがリリースすると言われている。

そんなAppleの新しい3つのiPhoneと思われるフロントガラスパネルがリークされた。

この3つのフロントパネルはTwitterのBen Geskin氏によってリークされた。

3つのiPhoneの中に1つだけLCD(液晶)パネルを搭載する6.1インチのiPhoneがあるが、このLCDモデルのiPhoneのみ、他のOLEDパネルを搭載したモデルよりも少しだけベゼル部分が厚いという特徴を持っているようだ。

これはLCDパネルを搭載したiPhoneが3つのモデルの中で最も安価なモデルになると言われているからだろう。

LCDパネルを搭載した新しいiPhoneはこれまでの予想によると600~700ドルほどになると言われており、2018年から2019年にかけて最も人気の出るモデルになると予想されている。

2018年 iPhoneのこれまでに明らかにされている特徴について

現在のiPhone 8と最も大きな違いとして、2018年の3つのiPhoneには全てノッチ(切り欠き)が搭載されており、Face ID機能が搭載される可能性がかなり高い。

また新しい3つのiPhoneはスペック面ではAppleの最新のA12プロセッサが搭載されると言われており、現在のiPhoneと比べてメモリ容量も大きくなると言われている。

これまでに出ている情報によればメモリは3つのiPhone、全て共通というわけではなく、最も大きい6.5インチのiPhone X Plus?となるであろうモデルが最も大容量RAMになると言われている。

更にカメラについてだが、OLEDパネルを搭載した5.8インチと6.5インチのiPhoneはデュアルカメラが搭載され、6.1インチのLCD iPhoneはシングルカメラが搭載される予定だ。

Appleの新しいiPhoneは9月頃にリリースされる可能性が高いと言われており、この3つのモデルにはWWDC2018で発表された最新のiOS12が搭載される。

[MacRumors]

Wonder-Xの最新情報をチェックする