今月始めAppleアナリストの1人であるMing-Chi Kuo氏は、Appleが2018年にリリースするiPhoneの1つのモデルが複数カラー展開になると伝えていた。

複数カラーが用意されると言われているiPhoneは6.1インチのLCD(液晶)パネルが搭載されるモデルと言われており、Kuo氏によるとグレー、ホワイト、ブルー、レッド、オレンジの5色展開になると伝えていた。

そして現在、Macお宝鑑定団Blogも、6.1インチのiPhoneは複数モデル展開になると伝えている。

同メディアによると6.1インチのLCDパネルを搭載するiPhoneには、ホワイト、ブラック、フラッシュイエロー、ブライトオレンジ、エレクトロニックブルー、トープまたはゴールドになる可能性があると伝えている。

基本的に展開される複数色は共通しているが、Ming-Chi Kuo氏が伝えたレッドモデルは、Macお宝鑑定団Blogの予想には含まれていないことが分かる。

Macお宝鑑定団Blogの予想

  • ホワイト
  • ブラック
  • (フラッシュ)イエロー
  • (ブライト)オレンジ
  • (エレクトリック)ブルー
  • トープ(茶系)

 

Ming-Chi Kuo氏の予想

  • ホワイト
  • グレー
  • ゴールド
  • オレンジ
  • ブルー
  • レッド

 

実際に6.1インチのLCDパネルを搭載するiPhoneがレッドモデルをリリース段階で用意するかどうかはわからないが、iPhone 8のようにREDモデルとして温存しておく可能性はあるだろう。

何にせよ、Appleが2018年にリリースする3つのiPhoneの内、少なくとも6.1インチのiPhoneはiPhone 5C以来となる複数色展開になると見て良いのではないだろうか。

Wonder-Xの最新情報をチェックする