Appleが2018年にリリースするiPhoneは3種類になると言われており、コストパフォーマンスに優れた6.1インチのLCDパネルを搭載するiPhoneや5.8インチと6.5インチのOLED(有機EL)パネルを搭載するiPhoneの3モデルで構成されると言われている。

これまで6.1インチのLCD iPhoneのレンダリング画像やリリース時期が遅れる可能性があるなど様々な情報を見てきたが、OLEDパネルを搭載するiPhoneについては謎な部分が多かった。

そんな6.1インチと6.5インチのOLED iPhoneに関するダミーユニット(模型)が/LEAKSでリークされ、OLED iPhoneのデザインに関しても大体判明することとなった。

今回リークされたダミーユニットが、2018年にリリースされると言われているOLED iPhoneのデータを元に作成されたものであるという証明はないが、これまでに見聞きしてきた情報を一致している点が多い。

現行のiPhone Xに倣ったデザインになると言われてきたが、確かに今回リークされたモデルもベゼルレスデザインを意識したものになっており、どちらのモデルもホームボタンは廃止されている。

6.1インチのLCD iPhoneと思われるモデルはシングルカメラがが搭載されており、6.5インチのOLED iPhoneはデュアルカメラが搭載されている。

また、どちらのモデルもコネクタはLightningを引き続き採用しており、コネクタ部分を挟む形でスピーカーが左右に配置されている。

基本的にはiPhone Xと同じような構成が採用されているが、ノッチ(切り欠き)部分のカメラの配置がiPhone Xとは異なることが分かる。

iPhone XはTrueDepthカメラがスピーカーを挟む形で左右に1つずつ搭載されていたが、今回リークされたモデルはスピーカーの右側に2つ搭載されていることが分かる。

[/leaks]

Wonder-Xの最新情報をチェックする