以前にAppleが2018年にリリースするiPhoneには急速充電に対応したUSB-C電源ケーブルが同梱されるかもしれないという情報があった。

iPhone 8/8 PlusとiPhone Xから急速充電に対応して30分ほどで約50%充電を行うことができるようになった。

しかしiPhone8やiPhone Xを購入して同梱されている電源ケーブルでは急速充電を行うことができず、Appleが別売りで用意しているUSB-C Lightning電源ケーブルを購入する必要があった。

その面倒を解消するために2018年のiPhoneからは同梱物に急速充電対応のケーブルを同梱するかもしれないというのがこれまでの情報だ。

そして現在Macお宝鑑定団が2018年のiPhoneに同梱されると言われているUSB-C対応の充電器の画像を公開している。

確かに公開されたこの画像はUSB-Cコネクタを備えていることが確認できる。

以前USB-Cの充電器に関する情報が明らかになった時に公開されたUSB-C充電器の画像を比べると、今回のこの画像は少し太く見える。

今回公開された未確認のUSB-Cの充電器はサードパーティ製の偽造品、つまりフェイクである可能性も当然あるといえる。

Apple含む様々なメーカーは現在周辺機器のコネクタをUSB-Cへと移行する流れがあり、Appleは既にMacBookシリーズでUSB-Cへと移行させている。

この流れを汲むならAppleはタイミングを見てiPhoneにもUSB-Cへと移行するのは自然だろう。

今回公開された画像自体はフェイクである可能性はあるが、2018年のiPhoneには急速充電対応のUSB-Cケーブル、充電器が同梱される可能性は高いのではないだろうか。

Wonder-Xの最新情報をチェックする