Appleが現在開発中だと言われているApple Watch 4はこれまでのApple Watchに比べてより大きなディスプレイを搭載する可能性が高いとAppleアナリストの1人が比較的早い段階で伝えていた。

現在信頼性の高いAppleアナリストのMing-Chi- Kuo氏は、Apple Watch 4としてリリースされる2つのモデルの両方がより大きなディスプレイを搭載すると言い、小さいモデルは1.57インチのディスプレイを搭載し、大きなモデルは1.78インチのディスプレイを搭載する可能性が高いという。

現在のApple Watch 3にはそれぞれ1.31インチと1.54インチのディスプレイが搭載されている。

また現在のWatch 3は厚みがそれぞれ38mm42mmだが、ディスプレイが大きくなることは同時に厚みも増すのではないかという懸念があるが、Appleが薄型ベゼルのディスプレイを搭載することで、厚みを増すことなく、ディスプレイサイズを大きくすることができる可能性があると伝えている。

Kuo氏はディスプレイサイズが大きくなるというレポートの他に、Apple Watch 4は心拍数の検出機能が改善される可能性があるという。

最近多くのスマートウォッチでより正確な心拍数を図ることができるように試みているように感じる。

Appleの新しいApple Watch 4は新しいiPhoneが発表すると言われている9月のイベントで一緒に発表されるか、その前後で発表されることが期待されている。

現在実施されている最新のWatch OSに搭載されている新機能「Walkie-Talkie」ほか様々な機能が新しいApple Watch 4には搭載される予定だ。

Wonder-Xの最新情報をチェックする