Apple Japanは西日本で発生した豪雨によって被災したユーザー向けに「平成30年7月豪雨による被災者向け特別修理サービス」を実施することを明らかにした。

このサービスの対象となるユーザーは、平成30年7月豪雨による災害にかかる災害救助法の適用市町村に住んでいて、被災された一般ユーザーが対象となる。

注意点として、Apple製品を使用している販売店や業者などの個人消費者以外のユーザーは対象外となる。

災害救助法の適用市町村については、内閣府の防災情報ページにて確認することができる。

対象商品は、今回の豪雨被害によって直接的な被害を受けた、修理が可能なMac、iPhone、Apple Watch、iPad、iPod、および Apple 製ディスプレイ (アクセサリ類、Beatsなどは除く)だ。

豪雨被害にあったユーザーを対象とした特別修理サービスの受付期間は2018年9月末日までとなっている。

対象となるユーザーは、生活が落ち着き次第、デバイスの復旧についてAppleに相談してみても良いのではないだろうか。

[Apple]

Wonder-Xの最新情報をチェックする