OnePlus 5/5Tは既に、旧モデルとなっているがまだまだ現役だ。

OnePlusは現在OnePlus 5/5T向けに新しいソフトウェアアップデートOxygen OS 5.1.4アップデートをリリースした。

既に段階的にリリースされているOxygen Os 5.1.4の主な変更点は、写真の明瞭度が増していることや、スリープスタンバイの最適化の設定が新しくなっている。

他にも様々あるが、このアップデートにはAndroidの2018年7月のセキュリティパッチが含まれている。

Oxygen OS 5.1.4の主な変更点

システム

  • Androidセキュリティパッチが2018.7に更新されました
  • スリープスタンバイの最適化を追加しました(設定 - >バッテリー - >バッテリー最適化 - >高度な最適化 - >スリープスタンバイ最適化)

カメラ

  • 改善された写真の鮮明度

メッセージ

  • 追加されたグループメッセージング

ギャラリー

  • 一般的なバグ修正

Oxygen OS 5.1.4で変更されたカメラについて

以前にOnePlusは旧モデルを含む様々なデバイスでカメラの性能を向上させることを約束していたが、今回のOnePlus 5/5T向けにリリースされたOxygen OS 5.1.4では、写真の品質に変更が加えられている。

ユーザーがOxygen OS 5.1.4にアップデートする前後の写真をアップロードしているので、見ていただきたい。

左(Oxygen OS 5.1.3)右(Oxygen OS 5.1.4)

写真を見てみると、確かに明瞭さが向上していると感じるが、大幅に凄い!と感じるような変更ではなさそうだ。

今回アップロードされた写真は人物を撮影した写真の比較ではないため、人物撮影の際にどれだけの変化が加えられるかが、不明だが、今回の画像は文字など細かなものはとても見やすくなっているようだ。

スリープスタンバイについて

Oxygen OS 5.1.4には写真の品質に関する変更だけでなく、様々な機能の変更などが行われている。

新しいスリープスタンバイ最適化の設定は、ユーザーの実際の睡眠習慣を検出することによって、電磁寿命を向上させることができる。

デバイスを使用しているか使用していないかに基づき、電源がオフになっている間、バッテリー消費を抑え、ネットワーク通信をオフにするというものだ。

この機能は一般的に毎日決まった時間に寝る習慣がある人であれば、機能を使うことで、よりバッテリーを長持ちさせることができると思うが、もしあなたが不規則な生活習慣によって寝る時間が決まっていないのであれば、有効な機能でないかもしれない

【設定】→【バッテリー】→【バッテリー最適化】(日本語だと同表示されているのか未確認)の順で進んでいくことで、スリープスタンバイの設定項目にアクセスすることができる。

多くのユーザーが恩恵を得ることができそうなこの機能、もう少し設定項目にアクセスしやすい場所に設けるほうが良いと感じるが…

まとめ

OnePlus 5/5T向けにリリースされたOxygen OS 5.1.4は容量が1.6GBと比較的大きい。可能であればWi-Fi環境下でのダウンロードを推奨する。

基本的にはOTA経由で最新のソフトウェアアップデートをダウンロードすることができるが、現時点でOTA経由でダウンロードできたという報告は少ない。

今直ぐOxygen OS 5.1.4を体験したいユーザーはOxygen Updaterを使うことで、直ぐにアップデートを行うことができるはずだ。

[OnePlus , Android Police]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする