Samsungは最新のフラッグシップモデルGalaxy S9/S9 Plus向けに最新のソフトウェアアップデートをリリースした。

このアップデートは先日Galaxy S8/S8 Plus向けにリリースされているアップデートと同じく、2018年7月のAndroidセキュリティパッチが含まれている。

また、Galaxy S9向けにリリースされたこのアップデートは7月のセキュリティアップデートの他に、2つのカメラ機能やシステム面の安定性を向上させる内容も含まれている。

1つはAR Emojiに関するものだが、残念ながら殆どのユーザーが利用する機能ではなく、ありがたみは少ないかもしれない。

もう1つのアップデートはGalaxy S9の目立った機能の1つであるSuper Slow-mo(スーパースロー撮影)だ。

Galaxy S9/S9 Plus向けにリリースされた最新のアップデートはS9とS9 Plusでそれぞれビルド番号はG960FXXU2BRG6G965FXXU2BRG6で現在インドとドイツでリリースされている。

Galaxy S9/S9 Plus向けアップデート内容について

このアップデートは2つのカメラの機能の改善だけでなく、一般的なシステムの安定性についても向上させるという。

また2018年7月のAndroidセキュリティパッチには、Android OSの4つの重大な脆弱性の修正や、Samsungのソフトウェアに影響を与える9月の脆弱性が修正されるという。

既にこのS9/S9 Plus向けにリリースされたアップデートを受け取ったユーザーによると、アップデートの内容は約250MBだという。

Wi-Fiに確実に接続されていることを確認してからダウンロードするほどの容量でもないが、ヘビーに使うユーザーは是非Wi-Fiに接続して最新のソフトウェアアップデートをダウンロードしたほうが良いだろう。

このアップデートは基本的にOTA経由でダウンロードすることができ、多くのユーザーに届けられるには数日から数週間かかることがあるだろう。

また、Galaxy S9/S9 Plus向けにリリースされているこのソフトウェアアップデートのデータはSamsung Smart Swtichのデータベースにも登録されているので、アプリケーションを使用してダウンロードすることもできる。

日本のユーザーにはどのくらい時間がかかるかは、分からないが重大なセキュリティの修正が含まれるアップデートだ。

特別な理由がない限り届き次第ダウンロード、インストールしたほうが良いだろう。

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする