Samsungが2019年にリリースする可能性が高いと言われている最新のGalaxy S10シリーズはこれまでのシリーズにはなかった3つのモデルが用意されると言われている。

SamsungはGalaxy S6とS6 edgeをリリースして以降、S9シリーズまで主にSシリーズには2つのモデルをリリースしてきた。

これまでの報告によるとGalaxy S10シリーズで最もハイエンドなモデルになると言われているGalaxy S10 Plusは、他の2つのモデルに比べて最も大きなディスプレイを持つことや、リアカメラがトリプルカメラで構成されるということがこれまでの情報で明らかになっている。(現段階での情報)

そして新しい報告によるとこのGalaxy S10 Plusに搭載されるフロントカメラは2つになり、フロントカメラがデュアルカメラで構成される可能性があるという。

フロントデュアルカメラはBokeh(ぼけ・ぼやけ)エフェクト機能を搭載することによってより綺麗な自撮りを可能にできるという。

SamsungのGalaxy A8はフロントデュアルカメラで構成されていたが、その時は16MPの1次センサーと8MPの2次センサーの組み合わせによってより綺麗に撮影することを実現した。

Galaxy A8に使用されたデュアルカメラ構成とGalaxy S10に搭載されるカメラのスペックが同じかどうかは分からないが、Glaaxy A8のセンサーが1つの指標として今後も比べられるのではないだろうか。

Galaxy S10 Plusの他にGalaxy S10やGalaxy S10 SEも同時にリリースすると言われているが、今回のレポートによるとこの2つのモデルはフロントカメラは1つではないだろうかと伝えている。

少なくともGalaxy S10はリアカメラがデュアルカメラにはなるだろうと言われているが、Galaxy S10 SEはフロント・リアカメラともにレンズが1つとなる可能性もあるといえる。

今回のレポートもこれまでと同じように、現段階での情報であってSamsungが公式に明らかにしている情報ではない。

こういうスマホが出るかもしれないのか!ぐらいの参考程度に受け取っておくほうが良いだろう。

SamsungはGalaxy S10シリーズを2019年2月に開催されるMWC2019で公式に発表する予定だと伝えられている。

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする