Samsungは長い間メインスマホとしてGalaxy SシリーズとGalaxy Noteシリーズをリリースしてきた。

これまでは確かに1年にGalaxy SシリーズとNoteシリーズの主要2モデルをリリースしても十分に販売台数を伸ばすことに成功してきたが、現在中国系メーカーの台頭により、これまで通りシェアを取り続けるのが難しくなってきた。

2018年は特にそうだが、OnePlusやXiaomiを始めとする中国系メーカーのスマホは、性能がGalaxyやiPhoneと変わらないのに対してコストが信じられないほど安くなっている。

それは売れる。

またSamsungは2018年にリリースしたSシリーズとなるGalaxy S9の売り上げが想定よりも伸びていない。

8月にリリースされると言われているGalaxy Note9は既にリリースされているGalaxy S9と比較しても、スタイラスペンのサポートなどNoteシリーズの特徴はあるものの、内部的なスペックは殆ど変わりがないと言われている。

こういったSシリーズとNoteシリーズの1年に2モデルリリースする現在の戦略を脱するために、Samsungは近い将来Galaxy SシリーズとNoteシリーズを1つに統合するという計画があるという。

SamsungがGalaxy SシリーズとNoteシリーズを統合するのは、注目デバイスを集中化させるだけでなく、開発コストや生産コストを大幅に抑えることができる。

Samsungが今後のモデルを1つに統合した場合、Galaxy SシリーズとするのかNoteシリーズにするのかについては、8月にリリースが予定されているGalaxy Note9の売り上げによっても左右するだろう。

また、2つのモデルを1つに統合することは、1つのモデルをより時間をかけて開発できることを意味するため、デザインや機能性の面で、より創造的なデバイスを作れるようになるのではないだろうか。

Samsungが2019年にリリースすると言われているモデルの1つは少なくともGalaxy S10であり、Note10がリリースされるかどうかはわからない。

Galaxy S10 Plusにはリアがトリプルカメラを搭載し、フロントカメラもデュアルカメラを搭載する系5つのカメラが搭載されると言われており、現在よりも更に写真の質が向上すると言われている。

また、Galaxy S10シリーズは、Samsungの最初の5G対応スマホとなると言われている。

そのため、2019年2月頃に発表が予定されているGalaxy S10シリーズにはこれまでよりも注目されるのではないだろうか。

[the bell]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする