これまでにSamsungが8月9日に発表するGalaxy Note9について様々な情報を見てきたが、同時にスタイラスペン「Sペン」がアップグレードするという情報も見た。

現在は何らかの理由で削除されているもののSamsungが公開した8月9日のイベントに関する短いティザー映像にも明らかにSペンをフォーカスしている部分があった。

レポートによるとGalaxy Note9と同時にアップデートされるSペンはこまれまでにない最も大きなアップデートが行われると言われている。

その大きなアップデート内容についてWeiboとTwitterでIce Universeによってリークされた。

リークによると新しくなったSペンにはBluetoothがサポートされることで、本来のスタイラスペンの用途以外のことも柔軟に行うことができるという。

例えば音楽の再生をSペンのボタンで制御することや、リモートセルフタイマーのトリガーとして使用することもできるという。

Samsungのスタイラスペン「Sペン」がこれまでにない大きなアップデートと言われるのは主にBluetoothをサポートすることで、本来のスタイラスペンの用途以外のことができるようになるからだろうか。

ボタンを押してからスマホに指示が行くまでのラグがどれほどのものかにもよるが、Galaxy Note専用のゲームアプリなどは面白そうだ。

ペンのようなスタイラスペンにBluetoothって、バッテリー大丈夫なの?と思うが、たしかにこれまでの情報でSペンはバッテリーの持ちが良くなる(バッテリー容量がおおきくなる?)と言われていた。

となると、Ice Universeのこれらの情報は納得のいく内容だといえる。

Samsungが新しいフラッグシップスマホGalaxy Note9とSペンはを発表するまでに残り1ヶ月あるため、実際のところどういった仕様でリリースするのかは現時点で不明だ。

[Ice Universe / Twitter]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする