8月9日公開されると言われているGalaxy Note9とSamsungのスタイラスペン「Sペン」だが、Sペンはこれまでのものと比べて大幅にアップグレードされると言われている。

新しくなるSペンの大きな特徴の1つとしてBluetoothに対応するというものがある。

Bluetoothをサポートすることで、Sペンは多くの新しい動作を制御することができるようになり、音楽制御のリモコンとして使うことや、写真のセルフタイマーとしても機能することができると言われている。

そしてある一部のユーザーはある部分が気になっているという。

ある一部のユーザーとは現在Galaxy Note8を使用している人たちのことで、新しくなるSペンにはNote8と互換性があるのかどうかについてだ。

その新しくなるSペンの互換性についてリークで有名なIce Universeが報告をしている。

Weiboの中国語から英語へと翻訳してるため若干英語が変では有るが、Ice UniverseはGalaxy Note8はGalaxy Note9に同梱される新しいSペンと互換性があるとは考えていないようだ。

基本的に普通のスタイラスペンとして動作をすることができるが、新しくなるSペンの主な特徴は恐らく利用することができないという。

確かにSペンでスタイラスペン以外の機能を使うためにはバッテリーを搭載している必要があったり、Bluetoothの接続方式についても対応している必要がある。

ソフトウェアアップデートでどうにかなるのかな?とも思うが、精度の高いIce Universeが互換性はないと言っているので、より信頼に値する情報が出てくるまでは、Galaxy Note8は新しいSペンと互換性がないと考えたほうが良さそうだ。

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする