Samsungがもう間もなくリリースすると言われているGalaxy Note9のスペックに関して、リーク初期から常に聞いてきた情報がある。

その情報によるとGalaxy Note9に搭載されるバッテリーは4000mAhの大容量バッテリーになると言われてきた。

Note9に関するリークが行われ始めた初期から言われてきたことで、多くのユーザーは半信半疑だったが、ブラジルのANATELによって明らかにされた情報によるとGalaxy Note9は本当にバッテリー容量が4000mAhになるという。

Gaalxy Note9のバッテリー容量について

Galaxy Note9に4000mAhが搭載されることになれば、現在のNote8と比較して大幅にバッテリー面が改善される。

Galaxy Note8にはバッテリー容量が3300mAh搭載されているが、これには日本でも話題になったある理由がある。

Galaxy Note8がリリースされるよりも前のモデルNote7で起きたあの事件を覚えているだろうか。

SamsungはNote7に搭載したバッテリーが爆発するという事故を世界中で何件も起こしており、Samsungは同様の事故を引き起こさないようにNote8に搭載するバッテリーは控えめにする必要があった。

どうしてもGalaxy Note9に4000mAhの大容量バッテリーが搭載されると爆発しない?と言われるだろうが、当時の技術力と比較しても現在は更に進歩しているだろう。

このことからも、そこまで神経質になる必要もないのではないだろうか。実際爆発するかどうかは分からない。

今回Galaxy Note9のバッテリー容量について明らかにしたANATELのリストは、バッテリー容量が4000mAhになる他に多くのスペック情報は含まれていない。

ANATELの情報を信用してもいい理由の1つとして、今年はじめにリリースしたGalaxy S9のバッテリー容量は間違いなく3000mAhと正確だったことだ。

Samsungは8月9日にニューヨークで開催されるイベントでGalaxy Note9を公式に発表する予定で、8月24日にリリースされる予定だ。

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする