Samsungは2019年のはじめにGalaxy S10とは全く別の次世代スマートフォン「Galaxy X」を発表するという噂をこれまで聞いてきた。

Galaxy Xと呼ばれてきたSamsungの新しいスマホは折りたたみ式スマホと言われており、これまでとは明らかに違うデザインやディズプレイ、そして大容量バッテリーの搭載など、様々なことを聞いてきたが、そんな折りたたみ式スマホに関する新しい情報が入ってきた。

これまでGalaxy Xと呼ばれてきたデバイスだが、最新のリークによるとSamsungの新しい折りたたみ式のスマホは、「Galaxy X」とは呼ばれないという。

様々なリークで知られている@MMDDJ_は、2019年初頭にリリースされると言われているSamsungのFoldable Smartphones(折りたたみ式スマホ)は、Galaxy XではないとTwitterで伝えた。

同氏は引用RTとして「Samsung is preparing gaming smartphones.」と伝えているが、これまでGalaxy Xと伝えられてきた折りたたみ式のスマホはRazer Phoneのようなゲーミングスマホのような位置づけになるのだろうか。

何にせよこれまでに出てきている情報はどれもSamsungの公式情報ではないことは明らかであり、フェイク情報も当然あるだろう。

ディスプレイには半分に折りたたむことのできる7インチのディスプレイを搭載すると言われており、ディスプレイを半分に折りたたんだ際に通知などに使用するためのセカンダリディスプレイも搭載されることが噂されている。

上記ディスプレイに関する情報だけ聞いても分かるが、このデバイスはとても高価になると言われており、リリース段階では約2000ドル近い費用がかかる可能性があると言われている。

Samsungは2019年初頭に、次世代の折りたたみ式スマホをはピョウする予定だと言われており、1月のCES2019か、2月のMWC2019で発表するのではないかと言われている。

そのコストからも明らかに多くのユーザーによって愛されるスマホにはならないだろうが、ガジェット好きが2019年に最も楽しみにしているスマホの1つなのは間違いないだろう。

[@MMDDJ_ / Twitter]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする