AmazonはEchoスピーカーにイコライザー機能を実装!

Amazonは本日AIアシスタント「Alexa」を搭載したスマートスピーカーAmazon Echo用に新しいイコライザー機能を発表した。

イコライザー機能が新たに搭載されることで、音楽を聴く際の聞こえ方を調整することができる。

Amazonが発表したAmazon Echo向けのイコライザー機能は、低音、中音、高音をそれぞれ±6dbの範囲で、調整することができる

実際にEchoにイコライザー機能が実装されると、ユーザーはAlexaの音声コマンドを使ってイコライザーを調整することもできるという。

音声コマンドでの調整だけでなく、Alexaアプリや、日本では認知の低いEcho ShowやEcho Spotの画面を使ってイコライザーを手動で調整することもできる。

現時点でAlexaの音声コマンドを使ってイコライザー機能を調整できるのは米国のユーザーのみ可能だが、シンプルに「Alexa、低音上げて(Alexa, turn up the bass.)」と指示を出すとAlexaはイコライザーを調整するという。

Amazon Echoではイコライザーを調整すると、再生されているメディアの種類にかかわらず、調整したパラメータが適用される。

Amazon Echoシリーズ、音質は良いけど自分が好きな味じゃないんだよなあ…低音もう少し厚めにできればいいのに…!というユーザーには待望の機能だろう。

Amazonが発表したイコライザー機能は現在デベロッパー向けに提供されているという。

イコライザー機能は今後数日で全てのEchoデバイスに展開される予定だが、現在音声コマンドを使ってイコライザー調整できるのは米国のユーザーだけだという。

米国以外の英語圏でも使用できるようになった後、どこかのタイミングで日本語も対応されるのではないだろうか。

それまではアプリを使って調整しよう。

[theverge]