OculusはVR向けヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」でMicrosoftの古いOSのサポートを中止することを明らかにした。

Oculusが新しくOculus Riftの最小スペックと推奨スペックを明らかにし、そのリストによるとOculus RiftはWindows 7とWindows 8.1がサポートされないようだ。

つまりOculus Riftを所有しているユーザーが引き続きVRを体験するにはWidnwos 10へのアップデートが必須であることを意味している。

Oculusが古いOSのサポートを打ち切るというのは、あまり驚くことではない。

というのも昨年11月にOculusが公開したOculus Rift Core 2.0アップデートの一部機能を利用するにはWindwos 10が必要であることが明らかになっていたからだ。

Oculus Rift Core 2.0でWindows 10が必要になる機能は主に、Oculus DesktopやOculus Dash等がある。

この時点でメディアではOculus Riftが将来的にOSのサポートを中止することになるだろうと伝えていた。

多くのユーザーに影響しそうな変更ではあるが、Oculusによるとそうでもないようだ。

OculusによるとOculus Riftを利用するユーザーの95%は既にWindwos 10を利用しているという。

このことからもこの段階で古いOSのサポートを打ち切ることを決めたのかもしれない。

そのためOculusは現在も古いOSを利用しているユーザーにできるだけ早くにOSのアップデートを行うことを促している。

Oculusが新たに公開したOculus Riftの推奨スペックは以下の通りだ。

  最小構成 推奨構成
Graphics Card Nvidia GTX 1050Ti / AMD Radeon RX 470 or greater Nvidia GTX 1060 / AMD Radeon RX 480 or greater
Alternative Graphics Card Nvidia GTX 960 / AMD Radeon R9 290 or greater Nvidia GTX 970 / AMD Radeon R9 290 or greater
CPU Intel i3-6100 / AMD Ryzen 3 1200, FX4350 or greater Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X or greater
Memory 8GB+ RAM 8GB+ RAM
Video Output Compatible HDMI 1.3 video output Compatible HDMI 1.3 video output
USB Ports 1x USB 3.0 port, plus 2x USB 2.0 ports 3x USB 3.0 ports plus 1x USB 2.0 port
OS Windows 10 operating system Windows 10 operating system

Wonder-Xの最新情報をチェックする