Facebookは昨今の銃器を扱った事件が頻発していることや、米国の銃規制の流れを汲み取り、間もなく未成年者が銃器やホルスター等のアクセサリーを含む広告が見れる現状を改善するようだ。

アメリカでは数年前から銃乱射事件が数多く起きており、2018年に入ってからも学校での銃乱射事件が発生しており日本でも注目された。

Facebookでは既に銃規制の流れで銃器の広告を禁止している。

しかし現段階では広告主は銃に取り付けるライトやスコープ、ホルスター等のカスタムパーツやアクセサリーの広告を表示することができる。

Facebookはこれらの広告を完全に排除するという考えではない。

あくまでも未成年者がこれらの広告を容易に閲覧できてしまう現状を規制する必要があると考えている。

Facebookの広告ポリシーの「武器、弾薬、爆発物」に関する項目には現時点dえ年齢制限が記載されていない。

Facebookの未成年者への銃器の広告規制は6月21日に施工される見通しで、その後変更される予定だ。

Wonder-Xの最新情報をチェックする