AppleはWWDC2018でiOS 12を公式に発表し、その機能の1つにFace IDを2人登録できる機能を明らかにした。

Appleの指紋認証技術であるTouch IDは複数の指紋を登録することをサポートしていたが、Face IDはこれまえ1人のユーザーに限られていた。

既にiOS 12のベター版でiPhone XのFace IDの設定で複数の顔を登録できることができると報告されている。

またその報告によるとFace IDは2人の顔を登録することができ、しっかりと動作していることも確認されている。

結局WWDC2018ではiPhone SE2は発表されなかった。

このFace ID機能はiPhone SE2に搭載されるかはさておき、2018年にリリースする3つのiPhoneにはほぼ間違いなく搭載されるだろう。

現時点でAppleはiPadにFace ID機能を持ち込んでいない。

Appleが時期は未定だが次にリリースするiPadにFace ID機能を搭載することを検討しているのかどうかが個人的には気になるところだ。

iOS 12よりサポートされたFace IDのマルチユーザー対応は、教育現場や家族などによる共有デバイスの場合大きく役立つのは間違いないだろう。

2018年の中国勢のスマホの猛追をAppleはどのようにして逃げ切るのかが最も気になるところだ。

[9to5Mac]

Wonder-Xの最新情報をチェックする