多くのスマホメーカーは定期的なソフトウェアアップデートやセキュリティパッチをリリースしているものの、マメかと言われればそうではないこともある。

実際にこのスマホ向けのソフトウェアアップデートはいつになればリリースされるの?という全くアップデートが配信されないものもある。

それは小さなメーカーだけでなく、主要なスマホ業界を引っ張っていくメーカーの場合であってもだ。

個人的にはバグの修正や機能の追加を含むアップデートは頻繁にはできないにしても、セキュリティパッチを含むアップデートは定期的にリリースしてほしいものだ。

ありがたいことに当サイトでもよく取り上げるOnePlusはこの点でとても優れていると言える。

OnePlusは新しい機能やAndroid OSのアップデート、セキュリティパッチにバグの修正などのアップデートを配信する期間がどのくらいになるのかについて説明した。

OnePlusによると、全てのデバイスはリリース日から2年間のソフトウェアアップデート3年間のセキュリティパッチをリリースすることを明らかにした。

これは他のメーカーも同様のスケジュールを採用してはいるものの、明確に説明しているわけではない。

実際にSamsungのGalaxy S9/S9+のUnlock版は既にスケジュール通りにアップデートがリリースできていないことがある。

メーカーが2つ以上のメジャーアップデートを提供するというのは中々ないことだ。

OnePlusは基本的にPixelやNexusシリーズといったスマホをリリースしているGoogleと同じポリシーを採用している。

確かにOnePlusの旧モデルになるOnePlus 3やOnePlus 3Tは最近Android PのOpen Betaをインストールすることができる。

Appleもそうだが、自社製品を長く愛用してもらおうとする試みはとても好きだ。

OnePlus 3や3Tは今年11月までソフトウェアアップデートを受け取ることができ、それ以降は3年目に入るため2ヶ月に1回セキュリティパッチを含むアップデートが行われる。

OnePlusが愛される理由がただコストパフォーマンスが良いだけではないということを多くのユーザーに知ってもらいたい。

[OnePlus]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする