SamsungはGalaxy Note9を発表すると言われている8月9日にニューヨークで開催されるイベントの招待状を送っている。

YouTubeに公開されたアナウンスムービーで、Galaxy Note9という文言は出てこないが、Galaxy Noteシリーズの特徴でもあるSペンがしっかりと出てくることが確認できる。

このことからもGalaxy Note9のローンチは8月9日で確定と見ていいだろう。

このアナウンスムービーを見てみるとGalaxy Note9には黄色っぽい新しいカラーリングがあることを暗示している。

Galaxy Note9はこれまでの情報で、最も特徴的なものは大容量バッテリーを搭載するということと、Samsungのスタイラスペン「Sペン」がアップグレードされるということ。

そしてNote8のように指紋認証センサーがカメラの横ではなく、Note9はカメラの下側に配置される可能性があることだろう。

他にもカメラの改良と、微妙にデザインが変更になること、SamsungのAIアシスタントBixby2.0が搭載されることなどがある。

Galaxy Note9にはディスプレイで指紋認証を行う機能が搭載されるという噂が一時期浮上していたが、実際にSamsungがGalaxy Note9に同機能を搭載するかと言われれば、その可能性は低いだろう。

Samsungはこの機能を2019年のGalaxy S10で搭載すると言われている。

スペックは基本的にGalaxy S9に準ずるものと言われており、チップセットにはクアルコムのSnapdragon845が搭載されるだろう。

チップセットも一時期クアルコムのSnapdragon855が搭載されるかもと言われていたが、可能性低いだろう。

メモリは6GBを搭載し、一部地域では8GBのモデルも販売する可能性があるという。

ストレージは標準モデルは64GBで最大512GBのモデルも存在すると言われている。

不透明な部分も多いGalaxy Note9だが、1ヶ月後のニューヨークでのイベントで全てが明らかになる事が明らかとなった。

Galaxy Note9のリリース日や価格についても同イベントで明らかになる予定だ。

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする