Blueholeとマイクロソフトは、Xbox One PUBGのパッチ13をリリースした。

このパッチを実行することで様々なパフォーマンスの改善と最適化が行われる。

PUBGのXbox One版の開発チームは先日ErangelとMiramarの両方のマップの最適化がもう間もなくライブサーバーに展開される予定であることを報告した。

Xbox One版PUBGの新しいパッチ13に関するリリースノートを以下に記しておく。

PUBG Xbox One Patch 13

Xbox One PUBGパッチ13コンテンツ:

 

これらの最適化とパフォーマンスの改善は、PUBGテストサーバー上で有効であることが実証されています。そのため、ライブサーバーにそれらを引き渡しています。

 

  • 自由落下とパラシュートのプロセスが最適化され、各ゲームの初期段階でパフォーマンスが向上しました。
  • 世界のローディングが最適化されました。「Play-doh」と内装のポップイン効果が改善されました。
  • 近くの視力を持たないプレイヤーの移動データはより効率的に処理され、一般的なパフォーマンスが向上します。
  • 同様に、近くにいるが見栄えのない選手がアイテムを装備または装備解除する場合、このプロセスはより効率的に処理されます。これは、ゲーム中のパフォーマンスやクラッシュに役立ちます。
  • インベントリが最適化され、開封時の応答時間が改善され、クラッシュする問題がいくつか解決されました。
  • 無人のボートや乗り物が性能問題を引き起こしていたため、この問題は解決しました。

 

既知の問題:

 

標準のXbox OneとXbox One Sの長時間の再生セッション(3時間以上)後、ゲームがクラッシュすることがあります。これはしばらくの間問題でした。すぐに解決することを願っています。その間、簡単な回避策があります。より長いプレイセッションをプレイする予定がある場合は、単に数時間おきにアプリを再起動してください。

PUBGはPC版のテストサーバーで大きな変更が加えられている。

この変更はプレイに結構影響があると思われており、まだまだ新しい刺激を楽しむことができそうだ。

新しい武器や新マップの実装等、大きな変更のスパンが早いことは凄いことだ。

不正行為利用者の撲滅にも力を入れており、まだまだPUBGは課題が多いが、1歩ずつ理想の環境へと近づけていってもらいたい。

Wonder-Xの最新情報をチェックする