PUBG Corporationは最近PUBGでのハッキングや不正行為(チート等)に対する継続的な鶏k味について最新情報を提供した。

その情報によるとPUBG Corpはハッキングプログラムや仲介取引に関係している15人の主だった容疑者を逮捕したようだ。

以下にPUBG Corpが明らかにした情報の翻訳版を記しておく。

アンチ・チートの取り組みに関する最新情報

皆さんが今知っているように、私たちはPUBGから不正行為を根絶するために可能な限りすべてを行ってきました。究極の目標は、ハッカーや詐欺師から完全に安全なプレイヤーのための環境を作り出すことです。

 

我々は非常に真剣に不正行為を取る。不正なハッキング/不正プログラムの開発、販売、宣伝、または使用は、PUBGをプレイしている他の人にとって不公平なだけでなく、法律違反です。

 

私たちはセキュリティ対策を強化し、アンチ・チート・ソリューションを改善しました。そして、最近では、アンチ・チート・ソリューションも追加しました。その間、当社はハッキング開発者(および売り手)に関する情報を継続的に収集し、複数のパートナーおよび司法当局と広範囲に協力してこれらの人々を正義に導いてきました。

 

今月初め、PUBGに影響を及ぼすハッキング/不正プログラムの開発と販売を目的として、4月25日に15人の容疑者が逮捕された。トロイの木馬ソフトウェアを含む悪質なコードがこれらのプログラムの一部に含まれ、ユーザー情報を盗むために使用されたことが確認されました。

 

このケースで協力してくれた地元当局からの翻訳された情報があります:

 

"OMG"、 "FL"、 "火狐"、 "程弥"、 "炎黃"を含む15の主要な犯人が、ハックプログラムの開発、ハッキングプログラムのためのマーケットプレイスのホスティング、仲介取引のために逮捕された。現在、容疑者は約30百人のRNB($ 5.1mil USD)の罰金を科されている。このケースに関連する他の容疑者はまだ調査中です。

 

インターネット経由で配布されるいくつかのハッキングプログラムには、Huigezi Trojan馬(中国のバックドア)ウイルスが含まれています。ハック開発者がこのウイルスを使ってユーザーのPCを制御し、データをスキャンし、不正な情報を抽出することが証明されました。

 

ハッキング/不正プログラムがユーザーのPCから情報を抽出するという長年にわたる噂は、真実であることが確認されています。違法なプログラムを使用すると、他人を混乱させるだけでなく、あなたの個人情報を渡すことになります。

 

完全に公正な環境でプレイヤーが自由に戦うまで、引き続きハッキング/不正プログラム(およびその作成者)を厳重に取り締まる予定です。

PUBGはeSportsとしての取り組みも始まっており、不正行為への対応は急務だ。

オフライン大会では不正行為を抑制しやすいが、オンライン大会だとどうしても難しい部分が多い。

そのため、チートツールの検出等についてもしっかりと取り組まなければならない。

いちPUBGユーザーとしてもチート利用者がいなくなってくれることを切に願う。

[Steam]

Wonder-Xの最新情報をチェックする