PS4の新しいファームウェアアップデートが全ての地域でリリースされた。

PS4の新しいファームウェア5.55は、アップデートの容量が500MB以下ということもあり、大幅な変更は加えられていないことがわかる。

先月のPS4のファームウェアアップデートでは、システムパフォーマンスの改善についていくつかの修正が行われている。

今回の5.55アップデートも前回同様、システムパフォーマンスの改善が主な内容だと思われる。

直近で機能の追加等が行われたファームウェアアップデートは5.50であり、このアップデートにはカスタムウォールペーパー等が含まれていた。

以下に5.50アップデートで追加された機能について記しておく。

PS4 ver5.50

USBのカスタム壁紙
5.50アップデートベータ版の試用版に含まれていた主な機能の1つは、USBスティックから自分のイメージでPS4のホーム画面をカスタマイズする機能でした。

始めに、あなたのUSBスティックの "IMAGES"という名前のフォルダに画像を保存してください。このフォルダがUSBディレクトリの一番上にあること、つまり別のフォルダに保存されていないことを確認してください。最大画像解像度は、PS4では1920×1080、PS4 Proでは3840×2160です。

次に、USBスティックをPS4に接続して、[設定]> [テーマ]> [テーマの選択]> [カスタム]> [画像の選択]> [USBストレージデバイス]を選択します。画像が選択されると、ホーム画面でどのように見えるかをリアルタイムで見ながら、ズームやトリミングが可能です。

また、USBから取得した画像を使用してグループメッセージスレッドのサムネイルをカスタマイズすることもできます。メッセージ>メッセージの選択>グループ設定>イメージ>イメージの変更> USBストレージデバイスを選択します。

再生時間管理
もう一つの大きな更新は再生時間管理です。この機能により、ファミリーマネージャー(および大人のファミリーメンバーは保護者として設定されます)、個々の子供がどれくらいの期間プレイすることができるかを制御する能力が与えられます。プレイタイムは、曜日によって異なるように設定することもできます。たとえば、週に4〜7時の間に2時間、週末に午前8時〜8時の間に4時間プレイすることができます。

PlayStation Network(PSN)の家族内の各子供がオンラインで遊んで、時計を見たり、オンラインでアクセスしたりすることを個別に設定する機能を含む、すでに利用可能なペアレンタル管理機能の長いリストに加わります。これらの機能はすべて、[設定]> [家族管理]からPS4でアクセスできます。

Wonder-Xの最新情報をチェックする