AppleはiOS 11.4のリリースだけでなく、新しいwatchOS 4.3.1アップデートとtvOS 11.4アップデートをリリースした。

watchOS 4.3.1のアップデートでは、アップルウォッチにいくつかの新機能が追加された。

新機能が追加されたがこのアップデートの内容は主に、パフォーマンスの改善とバグ修正で構成されている。

watchOSで発生していたAppleのロゴが表示され続けてしまうバグも修正されている。

tvOS 11.4のアップデートでは、AppleのAirPlay 2へのサポートを含む、Apple TVにいくつかの新機能が追加されている。

watchOSと同様、パフォーマンスの改善といくつかのバグ修正が行われている。

これらのOSのアップデートは既にApple WatchとApple TVで利用可能になっている。

Apple WatchのアップデートはiPhoneのApple Watchアプリを使用してインストールすることが可能だ。

ただしwatchOSのアップデートは時間がかかるので、バッテリー残量が50%以上あり、なおかつ充電器に接続されている状態でアップデートを行ったほうが良いだろう

Apple TVのアップデートはApple TVより直接行うことができる

Wonder-Xの最新情報をチェックする