Audi aims to sell approximately 800,000 fully electric cars and plug-in hybrids in the year 2025. At the Annual General Meeting of AUDI AG, the Board of Management presents the updated 鄭udi.Vorsprung.2025.・strategy. To enable about every third customer to decide in favor of an e-model by the middle of the next decade, there is to be an electrified variant in each model series by then ・most of them are to be fully electric, with a smaller proportion as plug-in hybrids. Picture: Concept Car Audi Aicon

現在多くの自動車メーカーが様々な電気自動車の開発に取り組んでいる。

アウディもその1つで、アウディは将来の電気自動車に関する計画を発表した。

アウディは2025年に80万台電気自動車ハイブリッド車を販売する予定で、2025年までに徐々に生産を増やす予定のようだ。

アウディは数十億ユーロに上る投資パッケージのリソースを開放するため、昨年末に向けてAction and Transformation Planを採用した。

このプランは、新たな収入源を開拓し、コスト構造を改善し、新しいビジネスモデルを構築するために企業の変革を加速することを目的としている。

そのため、投資対象が大幅に拡大することになるだろう。2025年までに約400億ユーロが、eモビリティ、自動運転、デジタル化といった戦略的分野に投下されることになる。これは、生産分野のデジタル化にも適用される。

Audi e-tronプロトタイプの市販モデルは、“Roadmap E”と呼ばれるイニシアチブの最初の成果だ。

アウディは2025年までに、すべてのモデルラインナップを電動化する予定で、これにはドイツのインゴルシュタット及びネッカーズルム工場に対する投資と、2025年末までの雇用保障に対する明確な約束が含まれる。

アウディの製品攻勢には、2025年までに20以上の電動化モデルを次々と投入する計画が含まれており、2019年にはAudi e-tron Sportbackが2番目の電気自動車として発売され、2020年にはAudi SportからAudi e-tron GTが登場する。

2020年には、プレミアムコンパクトセグメントにも電気自動車を投入する予定だ。

ここ数年流れのとても早い自動車産業が2025年、つまり今から7年後にどのような形で何がスタンダードになっているか明確に予測することは難しいが、少なくとも今の主流からは明らかに変わるだろう。

自動車好きであり、アウディが好きな僕にとってアウディがどのような戦略で競合他社と戦っていくのか大変興味深い。

Wonder-Xの最新情報をチェックする