Appleに関する新しいレポートによると、2018年にリリースすると見られている3つのiPhoneのモデルは全てOLED(有機EL)パネルを搭載するという。

これまで2018年のiPhoneの3つのモデルのうち1つはコストパフォーマンスを重視したもので、ワイヤレス充電や3D Touchのようなプレミアム機能を搭載せずにLCDパネルを採用したモデルになると伝えられてきた。

しかしロイター通信によると「Appleは新しいiPhoneを計画しており、全てのiPhoneのモデルにOLEDを使用すると決めた」と明らかにした。

このレポートが正しいのであればAppleの液晶パネルを供給している日本のジャパンディスプレイは更に窮地に陥ることになる。

ジャパンディスプレイはこのレポート以前から既に火の車となっていたのだが、iPhoneがLCDを使用しないのであれば、ジャパンディスプレイのシェアは更に減少することになる。

Appleが2018年にリリースすると言われている3つのiPhoneは5.8インチのiPhone Xのアップグレードとなるモデル6.5インチのiPhone Xをアップグレードした大型モデル、そして今回のレポートの対象である6.1インチのiPhoneだ。

この6.1インチのiPhoneにこれまでLCDパネルを搭載すると言われてきたが、今回のレポートによると他の2モデルと同様OLED(有機EL)を使用することになる。

当然のことながらAppleは将来の製品に関する投機的なコメントは明らかにしていない。これはいつも通りだ。

Appleがこういった決断を下すということは、OLEDを安価に量産する何かを手にしたということだろう。

それはつまり、AppleだけではなくOLEDを使うすべての製品に影響が出てくることなのかもしれない。勿論どういうルートなのかによるのだが。

例えば今は結構高価な有機ELテレビも早いうちに10万円前半台になったり…

[Reuters]

Wonder-Xの最新情報をチェックする