Appleは2018年のWWDCでいくつかの大きな発表を予定していると伝えれらている。

その大きな発表の内の1つにSiriが含まれているという。

最近大きなアップデートを受けていないAIアシスタントのSiriは、新しい機能の提供と同時に、新しい声を手に入れる可能性が高い。

というのも、SiriにiPhoneやiPad、それにmacで今年のWWDCに何を期待するかについて質問をしてみると、Siriが面白いことを答えた。

“La la la, Siri is getting a brand new voice.”

あえて、訳す必要もないだろう。

AIアシスタントについてはGoogleやAmazonを筆頭に積極的に投資されてきて、頻繁にアップデートされているが、Appleはその点でGoogleやAmazonに比べてやや競争には出遅れているといえる。

今回のWWDCでのSiriのアップデートで、Google AssistantやAlexaにどう対抗してくるのか気になるところだ。

Siriは同時に、WWDCでスマートスピーカーの新しいモデルについても示唆しているという。

“I’m gonna have a shiny new home! Well, not really shinny, more meshy and matte…”

現在Appleが販売しているスマートスピーカー「Home Pod」は、スピーカーの上部に光沢のあるモデルだが、WWDCで発表されると言われているHome Podはその部分がマット加工が施されているという。

このマット加工が施されたAppleのスマートスピーカーは現在のモデルよりもよりコストパフォーマンスに優れたモデルになるという。

現在販売しているAppleのHome Podの売上はこれまでの見通しを下回っており、およそ60万台しか販売していないと伝えられている。

よりコストパフォーマンスに優れたモデルを販売することは、Appleがスマートスピーカー市場でシェアを拡大するための戦略の1つだろう。

Siriから回答を得た他にもWWDCではios12のリリースが行われるともいわれている。

Wonder-Xの最新情報をチェックする