Samsungの最新フラッグシップモデルとなるGalaxy Note9は2018年の8月頃にリリースされる予定で、これまでにも様々な情報が少しずつリークされてきた。

新たにGalaxy Note9が中国の産業情報技術省(CMIIT)から認証を受け、Galaxy Note9が認定を受けたことが明らかになった。

中国ではSM-N9608SIM-N9600の2つの異なるモデル番号が認証されている。

これは恐らく他のGalaxyシリーズと同じようにGalaxy Note9にもSnapdragonが搭載されるモデルとExynosが搭載される2つのモデルが存在するからだと思われる。

ちなみにGalaxy Note9にはSnapdragon845Exynos9810のチップセットが搭載されると見られている。

Note9はQHD+解像度の6.4インチディスプレイが搭載されると噂されているという。

チップセットは上記に述べたとおりで、RAMには6GBと十分な容量で、64GBのストレージが搭載されるという。

ストレージオプションとして、Note9には256GBまで用意されるといわれている。

Note9はリリース時点でAndroid 8.1 Oreoがインストールされ、カメラは恐らくS9 Plusと同じものが搭載されるという。

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする