BlackBerryの物理キーボードは根強い人気があり、男心をくすぐるデザインだ。

最近ではAndroidを搭載したスマホも販売しており、以前ほどの敷居の高さは無くなってきたと言えるだろう。

BlackBerryは6月にKEY2と呼ばれる新しいスマホをりりーすると言われいる。

今回新たにGeekbench上でBlackBerryに関するリストが発見された。

型番は「BBG100-1」と記されており、これまでにBlackBerry KEY2と認識されてきたコードネームとはやや異なる。

今回発見されたデバイスが6月にリリースするKEY2のものなのか、噂されているKEY2の廉価版に当たるものなのかは今はわからない。

BlackBerry BBG100-1はクアルコムのSnapdragon625を搭載し、メモリは4GB、OSは最新のAndroid 8.1 Oreoで動作している。

搭載しているチップセットやメモリ容量からもフラッグシップモデルではなくミドルレンジモデルと言えるだろう。

クアルコムのSnapdragon600シリーズは、コスパに優れたスマホ用で、Snapdragon625は最も広く使用されているチップセットの1つだ。

同じ600番台のチップセットも存在しており、より高性能なものもあるが、どうしてもコストが多く懸かってしまい、コスパに優れているという前提からは遠ざかってしまうため、あまり好まれていないようだ。

2017年にリリースされたBlackBerry KeyOneにもSnapdragon625が搭載された。

Wonder-Xの最新情報をチェックする