世界中で大人気なSkyrimのVR版がSteamで購入・プレイすることができるようになった。

2016年頃のVRが話題になり始めた時にスタートダッシュでVRを購入したユーザーは長らくコンテンツ不足に悩まされており、折角VR買ったのに長く遊べるコンテンツが中々ないよ…と声が上がっていたが、ようやく大ボリューム作品となるSkyrim VRがSteamで購入できるようになった。

Skyrim VRをプレイするにはHTC ViveOculus Riftでプレイできるようだ。(PS VRは未確認)

Skyrimの開発Bethesdaは、Skyrim VRは比類のないスケールや奥深さによって壮大なファンタジーの世界を再現する。

また古代のドラゴンとの戦いから険しい山々の探索まで、Skyrim VRはプレイヤーの選択した色々な方法を経験するためのオープンワールドの世界を完全に描き出すように作られている。

更にSkyrim VRはSkyrimで追加された公式アドオンの「Dawnguard」、「Heathfire」、それに「Dragonborn」の全てが収録されている。

Skyrim VRは17年の11月頃にPS4版が先行してリリースしているが、PC版でSkyrim VRのパフォーマンスを十分に引き出すためにはハイスペックPCがどうしても必要になる。

特にグラフィックボードはNVIDIAのGeforce GTX 1080以上、欲を言えばGTX 1080tiは欲しいところだ。

今後もビッグタイトルのVRはへの対応は行われると見ており、既にVRを持っている人もまだVRはまだ買ってないけどやってみたいなという人はグラフィックボードだけでも用意しておくと、VRではないゲーム等にも使えて良いのではないかと思う。

Wonder-Xの最新情報をチェックする