Samsungがスマートスピーカーを開発しているということは長い間知られており、昨年からGoogle HomeやAmazon Echoに匹敵する可能性があると伝えられてきた。

SamsungのスマートスピーカーはGoogleやAmazonが既に参入している競争からは一歩遅れているが、それはSamsungがあることに取り組んでいるからのようだ。

Samsungが後発品としてリリースするスマートスピーカーは2018年の後半頃にリリースすると言われており、Bixbyのスマートスピーカーは他のどのスマートスピーカーとも違った機能を搭載すると言われている。

BixbyのスマートスピーカーはGoogle HomeやAmazon Echo等の他のスピーカーよりも多くのセンサーを持っていると言われており、そのセンサーは人間を検出することができると言われている。

センサーによってスピーカーの近くに人がいることが確認できたら、自動で話しかける、といった動作を行わせることができるだろう。

どういった技術のセンサーを用いるかどうかはわからないが、考えられるのは赤外線センサー等が考えられるだろうか。

センサーという枠を超えればマイクによる音の感知でもできるかもしれない。

恐らくSamsungはこれらの考えうる人間の検出方法を検証し、最も賢く動作するものを採用するために2018年後半まで時間がかかるのだろう。

Samsungはこれまでに様々な特許を提出しており、記載された機能が100%製品に搭載されるとは限らないが、多くの機能が搭載されるとGoogle HomeやAmazon Echoを凌駕するスマートスピーカーになるかもしれない。

Wonder-Xの最新情報をチェックする