Galaxy S9/S9+でディスプレイの色の表現に問題があると一部のユーザーが報告する

SamsungのAMOLEDディスプレイは多くのユーザーがGalaxyスマホを購入する理由の1つだ。

Samsungは競争優位性を維持するためにAMOLEDディスプレイを継続区的に改善している。

その努力もあり最近リリースされたGalaxy S9とS9+のAMOLEDディスプレイ「Infinity Display」は、スマホ市場で最も優れたモバイルディスプレイだと評価されている。

最も優れたディスプレイと評されてはいるもののGalaxy S9シリーズのディスプレイにも問題はあるようだ。

Galaxy S9シリーズに関する様々なフォーラムで、Galaxy S9のユーザーは自身のスマホでカラーバンディングの症状を報告している。

バンディングとは画像のグラデーションのかかる部分に現れる濃淡の縞のことで、実際に報告された際に添付された画像を見て頂けると分かりやすいと思う。

このカラーバンディングやブラッククラッシュと呼ばれるこの問題はGalaxy S9シリーズで初めて確認された問題ではなく、以前のGalaxy S8シリーズでもユーザーが報告している。

この問題がSamsungにとって解決することが難しい問題なのか、一部の限られたデバイスに限られた問題なのかもいまいち良く分かっていない。

現在この問題がどの程度広がっているのかは明らかではないが、Samsungはこの問題についてコメントしていない。

問題を報告したユーザー達はSamsungからのコメントを求めている。

ユーザーからの報告が増えてくると、Samsungは何らかのソフトウェアアップデートを実施するのではないかと思われる。

今はただ待つしかないようだ。