SamsungのGalaxy S9/S9+に搭載されている2つのチップセット、Snapdragon845とExynos9810の2つのバッテリ性能を比較した結果が面白かったので、簡単に書いてみたいと思う。

まずGalaxy S9シリーズにはSnapdragon845とExynos9810と言う2つのチップセットが使用されており、米国ではSnapdragon845が搭載されている。

先日Galaxy S9シリーズに搭載されているSnapdragon845とExynos9810の性能差に関するテスト結果をまとめているので、性能の差が気になる方はまずはそちらを見てもらいたい。

【Galaxy S9+】Snapdragon845とExynos9810でスピードテストを行った結果!【比較】

2018.04.02

さてSnapdragon845とExynos9810のバッテリー性能差に話を戻そう。

Galaxy S9とS9+でSnapdragon845とExynos9810のバッテリー性能を比較してみた結果

AnandTechの2つのチップセットに関するレポートによるとWi-Fi環境下でWebブラウジングを行い、どれだけの時間バッテリーが持続するかというテストでSnapdragon845を搭載しているGalaxy S9+は約10.5時間バッテリーが持続した。

それに対してExynos9810を搭載しているS9+では約9.7時間バッテリーが続いた

残念ながらSnapdragon845を搭載したGalaxy S9はテストに含まれていないが、Exynos9810を搭載しているS9のバッテリー持続時間が6.8時間とやたら短いのがちょっと気になる

これはソフトウェアの最適化によってバッテリー持続時間が改善できると思われる

Exynos9810はSamsung製のチップセットの為、クアルコムのSnapdragon845を搭載しているデバイスよりもその可能性は高いのではないかと思われる。

1つ明らかなのはSnapdragon845とExynos9810のバッテリー性能を比較した時により優れた結果を残せるのはクアルコムのSnapdragon845であることだ。

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする