SamsungのGalaxy S9シリーズはS9とS9 Plusが現在バリエーションとしてあうが、SamsungはGalaxy S9 Activeを新しい選択肢として追加するようだ。

リーク情報によるとGalaxy S9 Activeは4000mAhの大容量バッテリーが搭載されているようだ。

これはGalaxy S9やS9 Plusに搭載されているバッテリー容量よりも大きなサイズだ。

以前にもGalaxyシリーズはActiveと呼ばれるモデルが存在している。

Galaxy S9 Activeは2960×1440のQHD+解像度5.8インチディスプレイを搭載すると言われている。

またプロセッサーにはS9やS9 Plusと同じクアルコムのSnapdragon845が搭載される。

他にもS9 Activeは4GBのRAM64GBのストレージが用いられるという。

S9シリーズはS9 Plusがデュアルカメラを搭載していたが、S9 Activeは恐らく前後共にカメラは1つずつではないかと言われている。

フロントカメラが8MP、リアカメラが12MPのセンサーが使われる予定のようだ。

以前のGalaxy ActiveモデルのようにS9 Activeも多少雑に扱っても大丈夫そうなバンパーや頑丈なケースがあるといい、防水構造が施されているという。

SamsungのGalaxy S9 Activeに関する公式発表はまだされていないため、Activeの正式な仕様についてはわかっていない。

日本に入ってくるかどうかわからないが、日本でActive仕様のスマホがどの程度の需要があるのかは気になるところだ。

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする