OnePLus 5Tがリリースされてしばらく経つが、気になってくるのは次のフラッグシップモデルOnePlus 6についてのスペックや特徴だ。

OnePlus 6の発売日は2018年の第2四半期中に設定されると見られており、最近は色々な噂やリークが増えてきて賑わってきた。

 

今回新たにOnePlus 6のスペックが記載されているリストがリークされた。このスペックが記載されたリストが今後しばらくの有力情報となるだろう。

Techslizeが報告したリストの画像によると、OnePlus 6はAndroid 8.1 Oreoがを購入段階で使用できるようだ。

OnePlus 6のディスプレイは6.28インチのAMOLEDで解像度は2280×108019:9ディスプレイを備えている。

チップセットには2.7GHzを誇るSnapdragon 845 SoCを搭載し、6GBのRAM128GBの内蔵ストレージを搭載している。

 

大まかなスペックはやはりOnePlusとも言うべきハイパースペックだ。

最近リリースされたばかりのGalaxy S9シリーズと比べて全く引けを取らないのに圧倒的にコストパフォーマンスに優れているのだから、人気は高いだろう。

日本でではどうしてもキャリアが扱わないためマイナーだが…

 

バッテリー容量は3450mAhを搭載しOnePlus 5Tの3300mAhと比べて150mAh程大きいものを使うようだ。

 

リアカメラにはf/1.7絞りを備えた16MPのメインセンサーと20MPの2次センサーを搭載したデュアルリアカメラとなるようだ。
この設定だけを見てみるとデュアルリアカメラはOnePlus 5Tと同じセンサーを用いることになる。

フロントカメラにはf/2.0絞りを備えた20MPのセンサーが用いられると見られている。

 

OnePlus 6は厚さが7.5mmになると見られており、重さは175gになるようだ。

OnePlus 5Tは7.3mmの162gだったが…

 

これまでのOnePlus 6の噂やリークによるとiPhone Xのようなノッチとベゼルレスのディスプレイを備えており、価格はおよそ6万円程度になるのではないかと言われている。

 

気をつけておきたいのが、あくまで”リーク”だと言うことだ。

最近のリーク精度は昔に比べて格段に高くなったが、実際に発表されるものとは異なる可能性は十分にあることを頭に入れておきたい。

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする