Mobile World Congress 2018の直前に発表されたGalaxy S9とGalaxy S9 Plusについての話題で世の中は湧いているが、既にSamsungがGalaxy S9シリーズの次期フラッグシップモデルのネーミングについての情報が舞い込んできた。

 

今までのGalaxyシリーズはGalaxy S7,8,9のように数字を重ねてきたが、数字を重ねるネーミング文化をGalaxy S9を持って廃止し、次期モデルはiPhone Xと同じようにGalaxy Xとしてデビューするのではないかと言われている。

 

SamsungのDJ Koh氏はMWC2018での記者会見で、次のGalaxyシリーズのフラッグシップモデルでは既存のネーミング計画は変更されるかもしれないと述べた。

Koh氏は韓国メディアThe Investorが報告したように、SamsungはGalaxyブランドは引き続き使用するが、S◯のようなナンバリングシステムにするかどうかについては検討していると述べている。

 

Galaxy S9が発売される前から噂されている次期フラッグシップモデルは折りたたみ式のディスプレイを備えた新しいスマホを開発していると伝えられており、これがGalaxy X(仮)となると思われる。

AppleのようにiPhone Xと別にナンバリングシステムを引き継いだGalaxy S10(仮)も同時期に発売するという見方もある。

Koh氏はメディアへのインタビューで折りたたみ式の新しいスマホは単なるギミックではないと語っている。

Samsungは先月のCES2018で初の折りたたみ式デバイスのプロトタイプを個人的に展示したと報告され、そのデバイスには7.3インチのディスプレイが搭載されていたといい、新しい革新的なデバイスにはフレキシブルな有機EL(OLED)パネルを搭載することが期待されている。

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする