ZERO AUDIOの【ZH-DX200-CT】について

創設当初からオーディオファンの間で注目さている日本のイヤホンブランド「ZERO AUDIO」が制作しているイヤホンである。

音質、価格、装着感などがネットで人気であり超定番イヤホンとなっている。

 

この価格帯のイヤホンでは音が割れたり歪んだりと根本的なところで難があることが多いのだが、このイヤホンではそれがあまりない。

粗のない綺麗な音が出る。音域のバランスはややドンシャリ系。

 

高音の量は十分。鮮やかさがあり、一部の高音がシャリシャリ鳴っていて細く硬めの印象を受ける。

 

中音は自然な音であり、男女ともにボーカルの厚みは普通である。低音に邪魔されずはっきり聴こえてき、変な癖もない。

 

低音は締まりや制動が感じられる質であり、あまり主張はしないが全体を支えている印象。低音も硬い音色である。

 

若干高音が耳に刺さるが、質は値段以上のものである。

全体的に硬く、やや派手な音色。好みが分かれる音色ではあるが確実に値段以上の音を奏でてくれるはずだ。

 
本体がカーボンとアルミニウムの削りだしてで作られているので、とても軽量であり、筐体が小さいので長時間つけていても耳への負担が少なく、持ち運びにも便利である。

素材を活かしたデザインはシンプルでありながらお洒落である。

 

ケーブルは非常にしなやかで癖がつきづらい。形状はY字型であり、1,2mの長さというのも普段使いに調度良い長さである。

ただケーブルは細いため断線には注意が必要となる。

密閉性が高いので遮音性はとても良く、音漏れも少ないため電車の中での使用も問題ない。

イヤーピースはシリコン製で3サイズ付属しており、黒色のポーチも付属。

 

ダイナミック型にしては薄い重低音と、細い高音が多めに出ている。どんなジャンルの音楽でも楽しく聴ける万能型のイヤホン。デザインもお洒落でコストパフォーマンスはなかなかいいと思う。

 

ZH-DX200-CTのメリット・デメリット

  • 割れや歪みの少ない綺麗な音
  • いい意味で特徴が無く聞き疲れしない
  • カーボンとアルミニウムの削り出しで軽量
  • しなやかなケーブルで扱いやすい
  • お洒落なデザイン

 

  • ケーブルが細く断線に気を使う必要がある
  • デザインに選択肢がない

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする