【iSOUND】1つのイヤホンで2つの音を楽しむことが出来る!?MUIX IX1000ってどんなイヤホン?

iSOUNDのMUIX-IX1000について

小型音響機器の専門メーカーとして、携帯用に良質はサウンドクオリティを提供するとともに、継続的な技術開発と投資を通じて最高の音質と優れたデザインの製品を目指すiSOUNDが作っているイヤホン。

IX1000は独自の技術(Air Cycle Contrl Technology)によるデュアルサウンドシステムを搭載し、1台で2つの音色を楽しむことができる新しいタイプのイヤホンである。

サウンドコントローラーを操作することで、イヤーピースやチューニングアクセサリーを交換することなく、その場で音色の切り替えが可能となる。

Flat Sound」と「Active Bass」の2つの音色が再生でき、「Flat Sound」は低域と広域のバランスを重視しており、音源そのものの魅力を楽しめる。

「Active Bass」はベース音を力強く再生してビート感を増やし、迫力のある音楽を楽しむことができる。

 

「Flat Sound」モードの時は低音から高音まで非常にフラットで色付けや音痩せがなく、安心して聴ける聴きやすい音である。

静か場所で聴くと、フラットと言っても十分な量の重低音が出ている。音の解像度や質感は接続機器の性能が素直に出てくる印象がある。

 

「Active Bass」モードでは重低音がぐっと多くなる。それでいても、中高温域のクリアさ、フラットさは損なわれることがないので、比較的自然に重低音が増強されるイメージになり、曲によっては重低音が多すぎるようにも感じるほどである。

室内などの静かな場所では「Flat Sound」、屋外や騒音のあるところでは「Active Bass」のように使い分けができることが大きな特徴となる。

 

ケーブルはフラットタイプで耐久性がある。4色(Black/Red/Green/White)のカラーバリエーションがあることも嬉しい。

後ろのサウンドコントローラーのせいなのか音漏れが他のカナル型イヤホン比べ気になるかもしれない。遮音性は他のイヤホンと同程度。1ボタンリモコンマイクを搭載している。

 

デュアルサウンドシステムのことについてばかり書いた気がするが、その音質は3000円前後のイヤホンとして驚く程のものであるので心配無用である。

付属イヤホンからのステップアップだけでなくオーディオファンにも一度は使ってみてもらいたい非常にコスパの高いイヤホンである。
 

MUIX-IX1000のメリット・デメリット

  • デュアルサウンドシステムにより2つの音色を楽しむことができる
  • 3000円帯のイヤホンとは思えない高音質
  • フラットタイプのケーブルで耐久性がある

 

  • 他のカナル型イヤホンに比べ少し音漏れがする
  • 一部Android端末でリモコンが動作しない可能性がある

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください