先月、Apple関連のリーク情報が多いことで有名なKGI証券のMing-Chi Kuo氏は2018年に発売されるiPhoneは新しく2つのモデルが存在し、1つは6.5インチのiPhone Xのような有機EL(OLED)パネルを採用しもう1つのiPhoneには6.1インチの液晶パネル(LCD)を採用するだろうという情報を伝えたが、

今回日経から液晶パネル(LCD)を採用するiPhoneについての情報が伝えられた。

 

今回の情報は、液晶パネルを採用するiPhoneのデザインに関する情報だ。

 

次のiPhoneでは背面がガラスパネルではなくiPhone 7とiPhone 7 Plusと同じようだメタルバックになる、と言うものだ。

 

6.1インチが採用されるとみられる液晶パネルのiPhoneはこれまでと同じように複数色展開となるのではないかと言った。

 

2018年のLCD iPhoneは現在のiPhoneよりも幾分か手頃な価格になるのではないかと見られている。

 

iPhone XやiPhone 8に採用されているガラスバックデザインでは追加のカラーオプションは出ないと見られている。

これは、コスト的にも厳しいためだと思われる。

 

ガラスバックデザインよりメタルバックデザインへの移行はコストを抑える手段として有効だ。

 

しかし、ワイヤレス充電がサポートされているガラスバックデザインがメタルバックになることで同様にサポートされるかどうかは分かっていないが、同じ技術では厳しいのではないかと思う。

 

今回の情報もAppleがiPhoneを発売するまでにたくさん出てくる情報の一つとして受け取っていただきたい。

[9to5Mac]

Wonder-Xの最新情報をチェックする