SE215seはシングルダイナミック型MicroDriverを搭載し、SE215より更に厚みのある低音域を実現した新しいチューニングで、強化された低音域を備えたデイテールサウンドを実現している。

SE215とは違った透明感のあるブルーによる見た目の格好良さも備えた2万円以下の価格帯では間違いなくトップレベルのイヤホンについて紹介しよう。

 

まず特徴としてSHURE掛けが挙げられる。このSHURE掛けはイヤホンのコードを耳の後ろ(裏)から耳を伝うように上から耳に挿しこむ装着方法である。

 

このSHURE掛けをすることにより、コードの振動をイヤホン本体に伝えないようにできタッチノイズを大幅に低減させることが出来る。

 

SHURE掛けはSHURE社に公式に推奨された装着方法である。

 

次に挙げられる事として高遮音性がある。まあこれもSE215seというよりSHURE製イヤホンの特徴になるが、SHURE製のイヤホンを装着して曲を聞いていると、全くと言っていいほど、外の音が聞こえない。

これは本当に心配になるレベルで聞こえない。SHURE掛けのタッチノイズの効果も合わせると完全に音楽の世界に入り込むことが出来る。

 

音質に関しては1万円台にしては十分すぎる音だと言える。SE215seはSE215から”より厚みのある低域を実現”というテーマで開発されたため低音はバッチリといったところだ。(同価格帯での話)

SE215seは低音域を厚くとは言うが、このイヤホンかなりバランス型ではないかと思う。と言うのも、低音域から高音域まで偏ることなく色々なジャンルの曲を違和感なく鳴らしてくれるためだ。

ただしMicroDriver1基搭載のため、上位価格帯のSE535等と比べると雲泥の差だといえる。SE535を先に試聴してしまうとどうしてもSE215seには少し足りないところがあると感じてしまう。

 

価格が倍以上違うので当たり前といえば当たり前の話ではある。(SE535にはMicroDriverが3基ついており、1基はツイーター、2基はウーハー用となっている)

 

SHURE製品はケーブルを交換することができ、ケーブルを変える(リケーブル)だけでここまで特徴が変わるのかといった具合には変化するためますますオーディオ沼にハマってしまいそうだ…

 

メリット

・バランス型のためオールジャンル対応でき、音楽をバランスよく聴く人には打って付け
・圧倒的な遮音性
・装着していると周りからなんだあのイヤホン…?ってちょっと見られる(人によってはデメリットになりうる。)
・ケーブルを交換することが出来る(リケーブル)

デメリット

・SHURE掛けになれない内は耳に装着するのに少し手間取る
バランスが良いイヤホンのため低音ズンズン高温シラネェって人には少し物足りない

Wonder-Xの最新情報をチェックする