先日AppleはiPhone Xを発売し在庫の確認が大変難しかったことや、有機ELディスプレイを搭載したベゼルレスディスプレイで圧倒的に所有欲を満たすデザインで世間を賑わせたが、AppleはiPhone Xの後継機となる有機Elディスプレイを搭載した2つのモデルを新たに発売する予定があることをKGI Securitiesのアナリストである、Ming-Chi Kuo氏によって伝えられた。

 

iPhone Xの外観には現在4つのステンレスのバンドを4つ使用しているが、Kuo氏は次のモデルでは更に多くの部分にステンレスを使用する可能性があると伝えた。

 

iPhone Xには有機ELディスプレイ(OLED)が使用されているが、iPhone 8とiPhone 8 Plusでは液晶パネル(LCD)が使用されている。Kuo氏は、有機ELディスプレイを搭載する2つのうちの1つは、iPhone Xシリーズの「Plus」にあたるモデルになる可能性があると付け加えた。

 

また、新しいiPhoneには仕様にアップグレードがあると見られるが、リア(後ろ)カメラのTrueDepth機能搭載ではないという。

 

一時期スマホのケースにアルミやステンレスのケースやバンパーを取り付けるとデータの送受信に影響があると言われており、実際にWi-Fiへの接続が不安定になるなどの不具合があったが、そういった問題が予想されるステンレスフレームでも発生するかどうかは現時点では不明だ。

 

Kuo氏は以前からAppleが以降にリリースするiPhoneにはTouch IDは搭載しない可能性があると予測し、2018年に発売されるであろう全てのiPhoneのモデルがベゼルレスディスプレイを搭載することも伝えていた。

 

これは同時に2018年のiPhoneにFace IDが搭載されるということなのかもしれない。

 

しかし、Appleは随分昔に画面タッチによる指紋認証ができる特許を取得しており、この特許の技術を使用してくる可能性があることも添えておきたい。

 

今回の情報とは別のタイミングでKuo氏は新しいiPad ProのモデルにもFace IDを搭載してリリースする可能性があると伝えている。

 

更にAppleは2018年にクアルコムがリリースするチップセットを用いたiPhoneとiPadを設計していると見られているため、クアルコムによる新しいチップセットのリリースは新しいiPhoneのリリースに影響を与える可能性があると伝えた。

Wonder-Xの最新情報をチェックする