Amazonは10月20日(金)から29日(日)まで10日間限定で「Amazon Bar」を東京・銀座にオープンする。

Amazon Barの最大の特徴は「メニューがないBar」であることだろう。

どうやって注文するの?

Amazon Barではメニューが存在しない代わりに、注文用の専用端末が用意されている。

 

その専用端末を使って、その日の気分などのちょっとした質問にいくつか答えることで、その日の自分にあったお酒を提案してくれるのがAmazon Barの特徴だ。

 

飲むお酒をその端末で決定すると、2枚のレシートが出てくる。

 

1枚目のレシートはオーダー用のレシートとなっており、店内の奥の方にあるカウンターで使うためのもので、支払いも同じタイミングで行われる。

 

2枚目のレシートはQRコードが印字されており、そのQRコードにアクセスするとAmazonの販売ページにアクセスできるのだが、このQRコードは注文するお酒と同じ販売ページとリンクされている。

 

つまり、お店でお酒を飲んでみて、気に入ったら即座に注文することが出来るということだ。

 

Amazonのこういう気が利く(上手な?)ところが大好きだ。

 

ハッシュタグを利用して、お得に飲もう

Amazon Barでは、店内で撮影した写真をハッシュタグ「#AmazonBar」入りでSNSに投稿し、その画面をスタッフに見せると特典として生ビールもしくはハイボールを無料で1杯プレゼントするキャンペーンも実施している。

 

若いインフルエンサーによる拡散力を狙っているのかなと少し妄想してみたが、そんなことを抜きにしてもオトクなのは一目瞭然であるため、利用する他ない。

 

日替わりイベント

Amazon Barはただ飲むための場を提供するだけでなく、日替わりイベントも用意している。

 

 

注意すること

・店内入場の際に、来場者全員に年齢確認を行っている為、年齢確認が出来る顔写真付きの身分証明書を必ず持参すること

・店内では一般のお客さんが写真を撮影、その写真がSNSに投稿される可能性があること(ハッシュタグキャンペーン等)

・混雑時には2時間の座席制限を設ける場合があること(Amazon Barが好評な為、時間は変更される可能性があること)

 

注意事項は「Amazon Bar」特設サイトにより詳しく書いてある。

 

アクセスマップ

場所:G735 Gallery

東京都中央区銀座7-3-5

ヒューリック銀座7丁目ビル 1F

 

 

営業時間:17 : 00 - 23 : 00 (ラストオーダー 22 : 30)

営業期間: 2017年10月20日(金)~29日(日)

Wonder-Xの最新情報をチェックする